FC2ブログ

プロフィール

FTアントレ・ゼミナール

Author:FTアントレ・ゼミナール
FTアントレ・ゼミのブログへようこそ!!
日々の活動をお知らせします。どうぞ、気軽にご覧ください。
コメントもいただけると嬉しいです。
よりよいブログを今後作っていきたいと思っています。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック

8月3日 企業訪問

皆さん、こんにちは!
久しぶりの企業訪問です。
今回は東京都太田区にエレベーター用ボタン・操作盤の専用メーカーである株式会社オリエンタル工芸社に企業訪問させていただきました。

オリエンタル工芸社


オリエンタル工芸社は1959年に創業、エレベーター用部品製造及び販売をしている会社です。エレベーターメンテナンス会社向けの補修部品事業が7割を占めています。そして、医療施設向けの抗菌ボタンや視覚障害者でも操作しやすいユニバーサルデザインボタンなど新製品開発にも積極取り組んでいます。平成4年に電球の代わりに、LEDを実用し、先を見据えた研究開発と技術革新により、大手より早いサイクルで新製品を開発できる対応力は高い評価を受けています。そして、自社で開発したボタンちゃんというマスコットキャラクターも活用しています。
近年障害を持つ人に優しい施設やモノづくりが注目され、同時に多くの人にとっても使用しやすいものとして、ユニバーサルデザインが注目されています。オリエンタル工芸社では、見やすいエレベーター押ボタンとして角形45mm、丸型は直径45mmを製作しました。さらに階数等の文字については、1mm文字が凸状になって、指で触れた時に表示内容を確認することができます。また、明るい全面発光で、視認性を高めています。公共施設や医療機関、住宅等に最適な押ボタンを製造しています。そのほかに、防水防塵対応、水の中でも光る押しボタンも製造しています。また、省スペース化に対応するため、世界でも珍しい20mmの薄さの押しボタンの開発もできました。一番印象残ったのは、オリエンタル工芸社の猫の肉球押しボタンです。肉球の触感を実現するために、素材には苦労しました。押した瞬間に、ニャーニャーの声も出ますので、可愛かったです。

オリエンタル工芸社2

現在、私は「グリーン・マネジメント・システム」について研究をしております。その目的としては、日本の製造業では、環境経営の現状と課題を考察する上に、その取引構造や環境問題への対応を検討します。大企業と中小企業の連携から中小企業の環境経営戦略を紹介することは私の論文の狙いの1つです。

近年、取引先企業が環境問題への重視がますます高まっています。オリエンタル工芸社は環境問題に様々な取り組みをしています。まず、押しボタンの設計において、抗菌素材を練り込んだ樹脂を使用して細菌の増殖を抑えています。直径45mm、明るさ抜群は特徴です。また、「優工場」認定を獲得するため、環境問題に取り組みを始めたが、受賞した後でも、環境問題に配慮し続けています。また、節水、節電にも取り込んでいます。廃棄物排出量を抑えるために、コピー用紙の両面使用、カードリッジの再使用などを取り組んでいます。杉本様本人により、緑化活動も行なっています。

私は今回の企業訪問に通じて、今回の中小企業の環境配慮問題に関することを勉強にまりました。
最後になりましたが、ご多忙中、お時間をいただきました梅田製作所の梅田 吉男様に感謝を申し上げます。

7月 16.19日 活動報告⚡️⚡️

おはようございます☀
今回、田中ゼミの報告を行わせて頂くのは
プラン3のリーダーやらせて貰ってます〜
3年大島 敬一郎でございます☺️⭐️

では、早速私のプロフィール紹介をしたいところではございます。。。
が!しかし、皆さん怒られるのではないか??という不安があるでしょう。😥
皆さん優しいですからねー💕

安心してください❗️
このゼミにそんなことで文句を言う人はいませんよ😊💕💕
私達3年生はプラン、世田まちの活動報告を毎回発表しているのですが、その間4年生は私達の活動報告を優しく見守ってくれています⚡️⚡️

そーんな優しく尊敬できる先輩達、田中先生と来月8月の末にゼミ旅行を実施することが決定しまし
た。
山陽地方へ飛行機に乗って3泊4日で行ってきます!⛰
旅行期間では、様々な有名企業に訪問します。
そのための依頼状や訪問先も着々と決定してきています。⭐️💕
訪問先の企業をよく知るために、カンブリア宮殿、ガイヤの夜明けを鑑賞しました。☺️☺️

オタフクソースを製造している。
オタフクさんの動画では、社内にお好み焼課という部署が存在していました。😂
お好み焼きを上手く焼けるかで、三段階に分けられていました。

オタフクさんは、地域の幼稚園、保育園などで
無償で園児達にお好み焼きを目の前で焼いて
それを提供しています❗️❗️

羨ましいです〜😂

なぜ無償で提供するのかという質問に対して、
社長さんは、小さい頃からオタフクソースを好きになってもらうことを目的としているとお話ししていました。
そうすることで、オタフクのお客さんが増えてくるという事でした。

無償で提供する事でお客さんを獲得するという販売戦略は凄いと思いました⚡️⚡️

早く企業訪問したいです😢
待ち遠しいよ〜🤢

大田区ビジネスコンテストへの応募用紙を進めていきました。
初めてプランの応募用紙を制作しているのですが
とても難しく。
先生からの意見を一つ一つ大切にして
期限までにしっかりとしたものを完成させようと思います❗️❗️

やることがとても多いですが😢
各プラン、せたまちどちらも協力して頑張っていきましょー⚡️⚡️😊

切磋琢磨して、四年生のような素敵になりましょう💕

私のプロフィール、
冷えピタ2枚貼れるデコの広さ。

企業研究

プラン2の小寺 光です。
ブログ更新するのはこれで2回目?です。
今回は風邪でゼミを休んでしまった分の課題についてです。
ウィラーエクスプレスジャパンについて
まず、ウィラーは高速バス業界に後から参入してきた会社である。
今の時代「快適仕様」という言葉をよく聞くが、その先駆けはウィラーだそうです。
まず第1にバスのイメージとして、安いというのが強く、そこを求めて遠出する人が多いが、僕的には値段より快適を求めるので、そんな人にウィラーのサービスのゆったりシートをいち早く取り入れたり、僕みたいな考えの人にはホントありがとうございますって感じです。
バスでよく聞く事故と言えば、まず最初に居眠り運転がぼくの中ではイメージが湧きます。
そんな居眠り運転を無くすために、富士通のフィーリズムシステムというものを取り入れ、それを耳に装着することで、脈波を測り、そこからでたデータから眠気の予兆を検知し、センサーが反応して本人に知らせてくれるそうです。
居眠り運転はバスだけではなく普通の一般車でもよくある話なので、一般の人たちも車を運転する人たちはこの機能を使うのが当たり前になるくらいの時代になれば、事故が減るのになと感じた。

7月8日 世田谷七夕まつり


せたまち2、始動。






今回ブログを担当する、「せたまち2」3年の弦間です。

よろしくお願いします!


早速本題に入りたいところですが、、、その前に。

初めてご覧になる方に、冒頭に書いてある「せたまち2」とは何かと説明しますと...

私たちFTアントレゼミは大きく分けて2種類のグループに分かれています
1つ目はビジネスプランを作る「プラン
2つ目は世田谷区の地域活性化を図る「せたまち」
更にそこから細かく、プラン1..プラン2...せたまち1...せたまち2....といったように分かれています。


そんなわけで今回は...

その中の「せたまち2」である私たちが地域活性化の取り組みとして行った物産展の様子を紹介します!!




タイトルにもあるように

私たちせたまち2は7月8日に世田谷区若林で行われた七夕まつりに参加させていただきました!






この中で私たちは先頭の方にスペースをいただきました!
(写真は準備中の様子)



お祭りということもあって地元の子供たちもたくさん来ていて、賑わっていました!(自分たちにもこんな時期があったなぁとしみじみと感じました(笑))








こちらは物産展で販売したものです!



昔ながらのガラス瓶に入ったラムネ60本
世田谷みやげのどうぶつまんじゅう80個
沖縄の塩を使った黒蜜かりんとう20袋

この3つを販売しました。
そしてなんとありがたいことに....完売することができました!!
買っていただいた方たちに改めてこの場を借りて感謝を伝えたいです..。


お越しいただいた皆さん、本当にありがとうございました!!





今回の物産展では初めてということもあり商品選びや資材やブースの準備等に思っていたよりも手間取ってしまいました...。
物産展はこれからも行っていくので今回の反省点を生かしてより計画的に、スピード感を持って行動できるようにしていかなければならないなと思います...!
一方でこういったお祭りなど人が多く集まるイベントは人との繋がりや触れ合うことの温かさを直に感じられ、とても良いものだなぁ...と月並みではありますが改めてそう感じました!!


次回は9月に三軒茶屋のキャロットタワーで行われるアートフリマに参加させていただく予定です!
そこからせたまち2の活動は本格的に忙しくなってくるので来たるべき日に備え、今はしっかりと単位取得に集中したいと思います。笑




最後までご覧いただきありがとうございました!!



.

企業研究

クロステクロノジー社
クロステクロノジー社の収益源は産業機械のメンテナンスマニュアルだ。高い専門性が必要な為に競合が少なく機械の操作や設置に比べるとメンテナンスの作業工程は複雑でマニュアルも多くなり大型案件になりやすい分野だ。
なぜこのようなニッチな分野を始めたのかというと社長の松村氏がニューヨークタイムズを読んだ際に「日本の製品は一流だがマニュアルはジョーク」という風に書かれていたことに由来するという。
クロステクロノジー社はマザーズ上場の為に顧客を100/282に減らした。これは信頼と利益率を得る為だと言う。
この記事を読んで、確かに日本のマニュアルや説明書はジョークだと思うがそれはマニュアルや説明書の問題でなく日本の複雑な製品が問題なのだと自分は思う。例えばiPhoneのようにより直感的なUIにすれば説明書はほぼ不要である。でもそんな中で利益率の高いところだけ残したのは売り上げがこの記事に書いてないのでなんとも言えないが複雑な分野に絞ったのは正解だと思う。

レーベン販売
波状の二枚刃のピーラーを販売した会社である。ただのピーラーではなく波状の二枚刃にすることにより大根などが断面の丸い滑らかな麺のようになる。他にもキャベツに当てるだけでとんかつ店のようなふわっとした千切りが出来るピーラーなども販売している。そう言ったピーラーが売れる背景として包丁もまな板もない家が増えてきてカット野菜を買う人が増えている事だという。そう言った社長の独自の発想からレーベン販売の特許は30件を超え、いまだに発明中だという。
この記事を読んで、波状の二枚刃ピーラーなんて常人では思いつかないし考え付かない商品を何個も発明する社長は凄いと単純に思った。シュレッダーバサミがユーザーの間で刻み海苔バサミに変わったようにユーザーの口コミや使い方で盛り上がる会社だなと感じた。ただ記事の最後にも書いてあるが一回買ってしまったらそれで満足するのでそのピーラーを使ったメニューなどアフターサービスなどを充実させると同社の製品をまた買いたくなるのかなと思った。

鈴木勘介

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる