プロフィール

FTアントレ・ゼミナール

Author:FTアントレ・ゼミナール
FTアントレ・ゼミのブログへようこそ!!
日々の活動をお知らせします。どうぞ、気軽にご覧ください。
コメントもいただけると嬉しいです。
よりよいブログを今後作っていきたいと思っています。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック

株式会社陣屋

皆さんこんにちは!
久しぶりの企業訪問です。
今回は、東京・新宿から小田急線で約1時間の神奈川県秦野市に老舗旅館である陣屋様に起業訪問させていただきました。
陣屋1


 宿泊業における接客は多忙なため、顧客の情報の入出力や共有が困難であります。そこで、陣屋では自社に適した情報共有、業務効率化、蓄積したデータの分析・活用等を実現するため、クラウドプラットフォームを利用し、独自のシステム「陣屋コネクト」構築しました。スタッフにはタブレット端末を配布して、予約情報や顧客の過去の利用履歴、客室担当のコメント等を即座に共有することによって、個別のニーズに対するきめ細かな対応により、接客による顧客満足度向上を図っている企業であります。
  現在、私は「日本における中小サービス企業の労働生産性を向上させる改善手法」について研究しております。その目的としては、日本の優良中小サービス企業が労働生産性を向上させている改善手法を調査・研究することで、中国の中小サービス企業への適応可能性を考察することです。加えて、中国国内における日本の中小サービス企業の多面的な理解と、日本に対する潜在的な関心を増進させ、訪日外国人の増加を図るとともに、クールジャパンを含めた日本の強みや魅力等の日本ブランド、日本的な「価値」への国際理解を増進させることも大きな狙いとなっております。
  陣屋さんは、クラウドプラットフォームを利用して独自のシステムである「陣屋コネクト」を構築し、顧客の個別ニーズなどにきめ細かく対応することによって顧客満足度向上を図っていらっしゃいます。このような日本の中小サービス企業の生産性向上に向けた多大な貢献に心より敬意を表します。
 今回、陣屋の取締役である宮崎 知子様お話をお伺いすることができました。
陣屋2


 「陣屋コネクト」は初期投資を抑え、サーバーの運用を自社で行わずお任せできる、クラウドサービスであります。自社利用のために開発された陣屋コネクトは、ホスピタリティが必要とされるサービス業にも活動できるため、現在では200施設を超える旅館・ホテルが採用している。当初、陣屋コネクトでは、お客様との会話の中で発生した情報を素早く共有できるよう、タブレット端末とトランシーバーの両方を併用していました。「急ぎの情報はトランシーバーで全スタッフに音声で共有し、テキスト情報として残すものは各スタッフがバックヤードで自社のSNSに手入力で投稿していたので、効率という観点で課題がありました」と宮崎氏に話しました。
 この陣屋コネクトを開発したことで確実に情報共有が進んだと宮崎氏は振り返しました。しかし、トランシーバーは何度も聞き直す無駄やノイズが大きいという使い勝手の問題があり、一方でタブレット端末も動きながらの入力が困難な上、帯の中から出し入れさせる手間など課題も多いありました。スタッフの生産性をさらに高めるためには、音声データをうまく活用し、会話の内容が音声からテキストに変換され、自動的に情報共有できるような仕掛けが必要だったと言います。当時に「これまで捨てられていたトランシーバーでのやり取りが貴重な情報として蓄積できれば、お客様の期待を超える、されなるおもてなしにつなげることができると信じていた」と宮崎氏は当時の思いを振り返します。そ言う話しで、陣屋は発話した音声も貴重な情報として活用する仕組みを拝見しました。私たちは今回の企業訪問に通じて、今回の生産性の改善手法に関する研究に繋がる多くのことを勉強になりました。
 最後になりましたが、ご多忙の中、お時間をいただきました陣屋の宮崎 知子様に感謝申し上げます。

 常添楽 2017,7,24

7月8日 ☆笑顔屋☆

こんにちは( ̄^ ̄)ゞせたまちⅡの大滝です。
大変遅くなってしまいましたが、7月8日の笑顔屋の活動を報告させていただきます!

我らがせたまちⅡグループのリーダー野口君の当日のさわやかな笑顔から失礼いたします。
さわぐち


今回は笑顔屋として二回目の出店となり、単体としては初めての出店となりました。
7月2日の七夕祭りでの反省を活かし、地域の方々にこの商品がどういったものなのかを伝える方法、私たちが作った笑顔になれる宣伝ポップをどうやったら見てもらえるか
この二つを改善するために改善策を考え、考えぬいてついに見つけ出しました!!

通りかかるお客様に挨拶や会話といったコミュニケーションをとっていくことです!
買ってもらえなくてもいいから伝えたいことを伝える。私たちの想いを伝えることが一番大切なんだと!!!

この改善策を行ったところ、商品の良さを伝えることができ、また笑える宣伝ポップを見てクスッと笑ってくれるお客様が何人もいました\(^o^)/

このことより、私たちがコンセプトとしている「笑顔」をお客様に届けることができました☆彡
商品もほとんどが完売するほどの大盛況でした(*´v`)

次回は9月9日に笑顔屋が出店予定ですので、多くの方に会えることを楽しみにしています^‐^

笑顔屋開店前の集合写真
若林踏切前の笑顔屋


看板娘たち看板娘

意見交換会

こんにちは、今回はせたまち1の幸地南海が担当します。

7月17日(月)に、三軒茶屋分庁舎5階の三茶しゃれなあどホール「オリオン」で行われた、世田谷産業ビジョン・観光プロモーションの意見交換会にせたまちグループで参加して来ました!

第1部では世田谷産業ビジョン、第2部では観光プロモーションについて話し合いました。世田谷区のシティプロモーションビデオを作る目的としては、区外からの顧客と、区民の誇り向上のためだそうです。

まずグループに分かれて、それぞれ出されたテーマについて考えたことを付箋に書き出し、簡単にまとめてから発表という流れでした。グループには学生も大人も混じっていて、最初は少し緊張しましたが、わたしたちの意見もよく聞いてくださって、話し合いも滞ることなく進んでいたと思います。

具体的には、
✔️未来の商店会を担う若手人材を、どのように育成していくか?
✔️世田谷において、新たに必要な産業はなにか?
などのテーマがありました。

普段のゼミ活動だけでは、あまり関わることがない方達とも話すことが出来たので、良い機会だったと感じました。

ちなみに、駒澤大学や産業能率大学の学生さんもいらっしゃいました!

せたまち1の今後の活動としては、マップに載せる予定の飲食店などの取材をどんどん進めていくつもりです!たくさんの人に手にとってもらえるようなマップになるよう、精一杯取り組んでいこうと思います🌟🌟

image1.jpg

7月第2週 活動報告

プランIIIのエンセツトウが担当します、よろしくお願いします

まずは来週の月曜に「世田谷区の産業ビジョン・観光プロモーションの意見交流会」が開催されて、うちのゼミは参加機会があって、せたまち1とせたまち2の一部分メンバーを出席すると決めました。皆さんの活躍を期待しています。

そして、観光プロモーションに関する大分県別府市でお風呂ワールドみたい「湯~園地」というプロモーションビデオをみた。内容的には観覧車やジェットコスターなどの施設のすわるところをお風呂に変える。もし、ビデオが100万再生されたら、実現するということを楽しみしています。

また、北海道の「はまなす」会社を紹介しました。この会社は主に大豆で納豆をつくって、種類が結構あります。さらに、ナッツやドライフルーツもつくっています。特に、はまなす小豆と黒豆が高齢者に対して人気がありそうです。高齢者達は時間をかけて、二つ種類の豆でいろいろなものに作るのはポイントです。更に、正月にも行われているそうです。 

プランIIIの進展

今週は、うちのプランはペルソナについて、検討していました。具体的には、うちのメンバー白川さんがプロフィールの年齢、家族成員、身分、収入源、趣味、日常生活などを分析しました。「この人がどうやってリア充になるか、アプリの特徴のところを使って、サービスをめぐり遭う」と先生から助言されました。この方向へ行きます。

以上
601006375.jpg

失敗しないスタートアップ




創業100年を超える老舗の大企業までもが、こぞってスタートアップとの連携に動き出した。それは、大企業がなかなか新規事業を生み出せず、なかなか動きづらいからである。しかしその背景には投資の素人がMBA(経営博士号)を持ってるというだけでCVC担当にされたりするという。

知っておくべき業界用語

①スタートアップ
全く新しいビジネスモデルを生み出し急成長を目指す新興企業。「ベンチャー」と似ているが革新性がより高い。成長段階によってシード(企業価値=約数千万円)、アーリー(同1億〜5億円)、ミドル(10億円〜30億円)、レイター(30億円〜)などに分類。成長することを「スケールアップ」と呼ぶ。

②アクセラレータープログラム
社外の技術やアイディアを活用し革新を起こすオープンイノベーションの手法の1つ。公募したスタートアップに出資などをして成長を促す。

③イグジット
創業者やファンドが株式を売却し、利益を手にする出口戦略。その手法として株式公開や他者への売却などの方法がある。

④インキュベーター
卵を孵化させる(インキュベート)が語源。企業家を支援する組織や体制を指す。

⑤エンジェル
ベンチャーキャピタルからの資金調達も難しい企業間もないスタートアップに投資する個人。人脈や経験を生かした支援をする場合が多い。

⑥シリアルアントレプレナー
スタートアップを次々と立ち上げる連続起業家。

⑦ハッカソン
企業やアイデアを競うコンテスト。もともとはIT業界の造語で、複数のチームが制限時間内にプログラミング技術を競うイベントを指していた。

⑧ピッチイベント
アクセラレータープログラムなどにおいて、複数のスタートアップが3〜5分間でプレゼンテーションをし、出資などを募るイベント。

⑨メンター
企業家に助言する相談相手や指導役。成功した起業家などが多い。

⑩ユニコーン
企業価値が10億ドル(1100億ドル)以上の非上場のスタートアップ。伝説の生き物のユニコーンのようにまれであるというのが語源。→日本ではアダルトのイメージが強いDMM、快進撃が続くメルカリなどが有名。

⑪リードインベスター
資金調達は通常、成長段階に応じてシリーズA、B、C…という複数の段階(ラウンド)があるが、各ラウンドにおいて最も多く出資などをした投資家のことを指す。過半数に満たない少額出資者のことをマイナーと呼ぶ。

⑫CVC(コーポレートベンチャーキャピタル)
事業会社が主に自己投資で設立したベンチャーキャピタル。

⑬GP、LP
投資ファンドの運営者をGP(ゼネラルパートナー)、出資者をLP(リミテッドパートナー)と呼ぶ。企業がスタートアップに出資する場合、ファンドを組成して自らがGPとなる方法と、社外のファンドにLPとして参加する方法がある。

将来自分が就職してどの分野に配属されるかわからず、もしCVC分野に配属された時のために少しでも用語などを勉強する事は今後の糧になるかもしれない。

お読みいただきありがとうございます。

鈴木勘介

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる