プロフィール

FTアントレ・ゼミナール

Author:FTアントレ・ゼミナール
FTアントレ・ゼミのブログへようこそ!!
日々の活動をお知らせします。どうぞ、気軽にご覧ください。
コメントもいただけると嬉しいです。
よりよいブログを今後作っていきたいと思っています。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック

企業研究

プラン2の小寺 光です。
ブログ更新するのはこれで2回目?です。
今回は風邪でゼミを休んでしまった分の課題についてです。
ウィラーエクスプレスジャパンについて
まず、ウィラーは高速バス業界に後から参入してきた会社である。
今の時代「快適仕様」という言葉をよく聞くが、その先駆けはウィラーだそうです。
まず第1にバスのイメージとして、安いというのが強く、そこを求めて遠出する人が多いが、僕的には値段より快適を求めるので、そんな人にウィラーのサービスのゆったりシートをいち早く取り入れたり、僕みたいな考えの人にはホントありがとうございますって感じです。
バスでよく聞く事故と言えば、まず最初に居眠り運転がぼくの中ではイメージが湧きます。
そんな居眠り運転を無くすために、富士通のフィーリズムシステムというものを取り入れ、それを耳に装着することで、脈波を測り、そこからでたデータから眠気の予兆を検知し、センサーが反応して本人に知らせてくれるそうです。
居眠り運転はバスだけではなく普通の一般車でもよくある話なので、一般の人たちも車を運転する人たちはこの機能を使うのが当たり前になるくらいの時代になれば、事故が減るのになと感じた。

企業研究

クロステクロノジー社
クロステクロノジー社の収益源は産業機械のメンテナンスマニュアルだ。高い専門性が必要な為に競合が少なく機械の操作や設置に比べるとメンテナンスの作業工程は複雑でマニュアルも多くなり大型案件になりやすい分野だ。
なぜこのようなニッチな分野を始めたのかというと社長の松村氏がニューヨークタイムズを読んだ際に「日本の製品は一流だがマニュアルはジョーク」という風に書かれていたことに由来するという。
クロステクロノジー社はマザーズ上場の為に顧客を100/282に減らした。これは信頼と利益率を得る為だと言う。
この記事を読んで、確かに日本のマニュアルや説明書はジョークだと思うがそれはマニュアルや説明書の問題でなく日本の複雑な製品が問題なのだと自分は思う。例えばiPhoneのようにより直感的なUIにすれば説明書はほぼ不要である。でもそんな中で利益率の高いところだけ残したのは売り上げがこの記事に書いてないのでなんとも言えないが複雑な分野に絞ったのは正解だと思う。

レーベン販売
波状の二枚刃のピーラーを販売した会社である。ただのピーラーではなく波状の二枚刃にすることにより大根などが断面の丸い滑らかな麺のようになる。他にもキャベツに当てるだけでとんかつ店のようなふわっとした千切りが出来るピーラーなども販売している。そう言ったピーラーが売れる背景として包丁もまな板もない家が増えてきてカット野菜を買う人が増えている事だという。そう言った社長の独自の発想からレーベン販売の特許は30件を超え、いまだに発明中だという。
この記事を読んで、波状の二枚刃ピーラーなんて常人では思いつかないし考え付かない商品を何個も発明する社長は凄いと単純に思った。シュレッダーバサミがユーザーの間で刻み海苔バサミに変わったようにユーザーの口コミや使い方で盛り上がる会社だなと感じた。ただ記事の最後にも書いてあるが一回買ってしまったらそれで満足するのでそのピーラーを使ったメニューなどアフターサービスなどを充実させると同社の製品をまた買いたくなるのかなと思った。

鈴木勘介

企業研究

こんにちは、プラン3の望月です。

今日は今週の月曜日に風邪でゼミの授業を欠席してしまい、先生からお休みの課題として資料を読んだのでその感想を簡単に書きたいと思います。
今回は二つの記事を読みました。

まず、ひとつがグレイステクノロジー
という会社の記事です、この会社は、産業機械のメンテナンス、マニュアル作成を行なっている会社です。
日本は世界から見ても、製品は素晴らしいがマニュアルがジョークだと言われているそうです、日本のマニュアルの精度が低い中でどのようにして分かりやすいものを作るかということを考えている中で、ひとつの方法として、インターネットが普及している今、ウェブ上でのマニュアルを作成してるようです、またAI(人工知能)を活用したマニュアルも開発を進めているそうです。
ウェブ上のマニュアルは自分が働いているバイト先でも使われていて実際に動画として見れるのは、初めてそれらを経験する人にはとても重要なツールに感じています。

次に二つ目は、レーベン販売という会社で、キッチン、ヘルスケア、生活用品などの企画をしています。
どこのものを使ってもそこまで変わりなく使えるピーラーなどが売れている理由などが書かれていたので紹介しようと思います。
近年日本は、包丁もまな板もない家庭が増えているそうです、その中でなぜレーベンのピーラーが売れるかというと、他社にはできない刃の歪みをギリギリまでなくしたり、持ち手との接合での高い精度があるからだそうです。
どこのだれでもできそうなことでも、細かいところを極限までこだわることでユーザーが満足してくれる大事であり、その商品を作ってる人達も自信に繋がるのだと感じました。また、この会社は新しい市場を開拓する事で安定した成長の実現を目指している。

以上で終わりたいと思います、最後まで読んでいただきありがとうございます。

企業研究

こんにちは!!
FTアントレゼミ三年の駒井 秀伍です!ブログの更新は今回が二回目になります。もし宜しければ読んでいってください!
今回は、グレイテステクノロジー様とレーベン販売様について少しだけ書かせていただきます。
まず、グレイテステクノロジー様はマニュアル作成の会社です。マニュアルとは、取扱説明書などです。グレイテステクノロジー様は一般的に紙で作られているマニュアルをAI搭載の「e-manual」に進化させました。このマニュアルは、「何回注入するんだっけ?」と聞くと「五回です」とマニュアルが喋りかけてくれるそうです。今までは、海外の製品のマニュアルを作る時日本語がグチャグチャで、お客様が理解できるには遠いマニュアルだったらしいのですが、この「e-manual」ができた事でお客様の作業時間短縮やミスの減少などのメリットがとても増えたそうです。
続いてはレーベン販売様です。この企業はピーラーで、注目を集めました。普通のピーラーは使い方が単調だが、レーベン販売様のピーラーは様々な使用用途ができるそうです。
私がこの企業が面白いと思った点は、既に存在する商品に一手間加える事で消費者の不満を解消し付加価値を付け、販売価格を上げられる事です。しかも生活用品なので、私達が身近に欲しいと思える商品を提供されていてとても面白い企業だと思いました。
お読みいただきありがとうございます!

7月9日、12日の活動報告

こんにちは、初めまして!(=゚ω゚)ノ


今週のブログを担当することになtta
プラン2の小寺 光です

 

文章書くのが苦手なので長い目で見守ってください。笑
今週は各グループの進行状況に加えて、大田区ビジネスプランコンテストに提出する書類について、12月に行われるせたまち研究会について、
そして、皆さんおまたせしました!


今回はやっぱりなんと言っても7月8日に行われた、初の物産展について記事におこしていこう!
まずは、大田区ビジネスプランコンテストについて!
プラン1.2.3それぞれのグループがおおよそ5枚から6枚くらいの紙に自分たちのビジネスプランについて詳しく書き込むという作業を今おこなっています。僕が所属しているプラン2もこの5、6枚の紙に書き込んでいるのですが、たくさんある情報を頭では分かっているが、いざ紙に文字として書こうと思うとなかなか難しいなと感じています。
それにプラスして今回は大田区ビジネスプランコンテストなので、なぜ大田区にこのビジネスプランを採用したいのかという問題が生じてきます。
大田区に関連づけて書くとなるとその地域の特色だったりと言ったことを調べて、自分たちのビジネスプランについて繋げていかなければならないという壁が生じます。締め切りまでもう時間がそんなにないので、まず第1審査に通るように頑張りたいです



次に12月に行われるせたまち研究会について!

ぼくたち国士舘を含めて全部で7大学が集まっておこなう行事です。このせたまち研究会でやる候補として上がっていた、大学自慢コンテストについて、せたまち1と2のみんなでプレテストとして大学を自慢する側、質問をする側に分けて劇を行なっていました!
この劇を見ていて、身内だったらすごく盛り上がると思いましたが、いろんな大学がいる中でこれをやると思うとちょっと難しいかなと感じました。
僕的には星くんがツボでした。笑笑


それとはまた別に、クイズをやるのはどうかという案が出て、先生が問題を出してそれに答えるというのもやりました。
そのクイズの中ででた、国士舘大学の4徳目は何かというもので、みんな分からず手が上がらない中プラン2のそーるくんが一瞬で答えていたので、さすが高校の時から国士舘にいるだけのことはあるなと思いました。笑
いろんな案がでて、いろいろ試したりしましたが、これだ!と言ったものはなく、当日なにをやったら盛り上がるのか考えることはすごく難しいなと感じました



そして最後に初の物産展について!((((;´・ω・`)))
せたまち2のメンバーがなどの世田谷にゆかりのある物を若林でブースを設けて販売しました!
今回仕入れた商品は、無事全て完売したそうです!
最終的に利益がいくら出たかは内緒ですが、その利益をせたまち2の5人で分けたんだ!
と、せたまち2に所属している伊藤翼くんがニヤニヤヽ(´∀`)ノしながら伝えてきたので、いくらもらったかはのちのち聞き出そうと思います!
あの笑顔は相当もらったんじゃないかとぼくの中で勝手に思っています。笑笑


あと少しで地獄のテストが始まるので、4年生で大変にならないように死に物狂いで(`o´)単位を獲得したいと思うところです。
そしてそれさえ終わってしまえば、夏休みが来ます!
今年の夏休みは一生懸命バイトして、たくさんいろんなところに旅行に行けるようにお金を稼ごうと思います!

20180713115503b4d.jpeg

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる