プロフィール

FTアントレ・ゼミナール

Author:FTアントレ・ゼミナール
FTアントレ・ゼミのブログへようこそ!!
日々の活動をお知らせします。どうぞ、気軽にご覧ください。
コメントもいただけると嬉しいです。
よりよいブログを今後作っていきたいと思っています。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック

アマゾンの創造力とAIの発展

こんにちは。
プラン1の武川凌大です。
日経ビジネス2017年10月2日号 アマゾン特集の記事を読んだ感想を書かせていただきます。



私は都市伝説が好きで良く目にしているのだが、アマゾンについての記事はとてもそれに近いもので、普段良く使うアマゾンに対し興奮と恐怖を感じた。
どこに興奮と恐怖を感じたかは、圧倒的な創造力で革新的なモノを生み出し続けている事である。例を挙げると、ダッシュボタンと amazon echo だ。ダッシュボタンとは、お菓子などの商品のパッケージがボタンに描かれてあり、そのボタンを押すだけでその商品の注文が完了するなんともお手軽なボタンだ。あらゆる手順を省いた簡単さに興奮を覚えた。誰もが思いつきそうなアイディアだが、実現できたのはアマゾンの流通網あってこそのことだと思う。
続いて amazon echo についてだが、これは最近流行りのスピーカー型の音声アシスタント端末で、アレクサという音声認識機能が内蔵されている。このエコーのすごいところは内蔵されているアレクサにある。iPhoneのsiriは音声を認識し検索結果を提示してくれるが、アレクサは音声を認識し考えて実行し成長する。アメリカではすでに他社のサービスや製品にアレクサのプラットフォームを開放し活用できるようになりつつある。例えば、アレクサに「ライトをつけて」と話しかけるとライトが点き、「TVをつけて」と話しかけるとTVが起動する。これに成長する要素が加わると、主人が毎日同じ時間に家に帰り「ライトをつけて」と話しかけているといつのまにか何も言わなくても勝手に点くようになる。やがてこれが家中の家電とつながれば、自分はなにもせずともアレクサがいろんな事をやってくれるようになるだろう。そうなった時にアレクサは、家中の家電だけではなく住人も管理していると言えるのではないだろうか。住人も管理されていることに気づかずアレクサに従いながら生活する、なんて可能性が無いとは言い切れないと思う。
このような画期的で便利な製品がどんどん出てきているが、それらを鵜呑みにしてしまうのは危険だ、と考えるべきだと感じた。現に、私達からスマホを奪ってもいつもと変わらずに生活できるか、と問われたらそれは難しいだろう。これ以上、人間として考えるのをやめてしまうとどうなるか。それを常に頭に置いておくべきだろう。

私の夏休み 8月20日


今朝、叩き起こされなんだと思ったらさっきまで寝ていたベッドを捨てられました。

今日の夜からは床で寝ることになりますね。

どうもプラン2の山田です。



夏が始まったな〜っと思ったらもう終盤です。

皆さんは夏らしいことしましたか?

海行ったり、バーベキューしたり

私は全くできてません。笑


ですが、大学3年生の夏休みらしくインターンシップにちょこちょこ参加してます。

企業でお話を聞いたり、グループワークで業務体験をしたりしてます。



ある企業でお給料の話をしてくださいました。

お給料のことって一番気になるのに一番聞きづらいですよね。

お昼ご飯を食べた後で眠くなっていましたが、お給料というワードに目が冴えて食い付いて聞きました。



1つ聞いてきたことをお金が大好きな皆さんにもお伝えしようと思います。



初任給に惑わされるな

これ、衝撃でした。

就活サイトなどに載ってる初任給

これウソは書いてないんですけど、

同じ初任給22万円のところでも年収にして100万円の差が出るなんてこともあるみたいです。

なぜ、そんなことが起こるのか。

会社が騙してるわけではありません。

法を犯してるわけでもありません。


正解は初任給の内訳が違うからです。


初任給と言っても、会社によって内訳は様々です。


A社初任給22万円

・基本給 19万円
・諸手当 3万円
・残業代全額別途支給
(平均月30時間5万円貰えたとしましょう)



B社初任給22万円

・基本給 13万円
・諸手当 3万円
・みなし残業 6万



このように同じ初任給22万円でも内訳にこんな差があることがあります。

そして、年収100万円の差を生むのがボーナスです。

ボーナスは初任給×◯ヶ月ではなく

基本給×◯ヶ月になります。

ということは、

ボーナスが年2回4ヶ月分貰えたとしましょう。

A社

22万円×12ヶ月=264万
19万×4ヶ月=76万
19万×4ヶ月=76万
年収 416万円+残業代(60万円)=476万円


B社

22万円×12ヶ月=264万
13万×4ヶ月=52万
13万×4ヶ月=52万
年収 368万円

年収にして108万円の差がでます!


あくまでざっくりとした残業代とボーナスで計算しましたが、こんな差が出ることがお分かりいただけたでしょうか。



A社の方が優良な企業だとは言いません。

自分に合った優良な企業を見つけてください。



最後に


企業説明会で聞く事は

「初任給を教えてください。」

ではなく、

「初任給の内訳とボーナスについて教えてください。」

と、こう聞きましょう!


自分が何を重視して企業を選ぶのか悩まれてる方

是非参考にしてみてください。



以上です。

8/19

こんにちは!
プラン1の武川 凌大です!

今回は私のプライベートの過ごし方をちょこっとだけご紹介します☆


午前4時…youtubeを見ていたらこんな時間だ!就寝

午前10時...扇風機の風がやたら寒く起きて電源を消す。就寝

午後2時...あらかじめ設定したアラームで起きる。

午後2時15分...歯磨きで喉を突く。嗚咽が出た。

午後3時...バイト先のモスバーガーへ向かう。

午後5時30分...ネット注文にて大量注文を承る。店内も混み合いてんやわんや。
注文の内訳(モスバーガー×5 テリヤキバーガー×2 辛モスチキン×2 日向夏ソーダM×7)

午後9時...退勤。父親と夜飯の約束をしていたので向かう。久しぶりの再会。

午後10時...びっくりドンキーで夕食。おろしバーグディッシュ150g ディッシュサラダ追加 を食べました。びっくりドンキーのディッシュサラダの美味しさは目を惹くものがありますね。

午前12時...足立区の自宅まで送ってもらい解散。楽しい時間でした。


モスバーガーでは勤めて1年半になるのですが、新人からだんだんと指導する立場になってきていて、他人へ教えることの難しさを日々感じています。また、接客には滑舌が大事なんだなと感じ苦難の毎日です。


父親との久しぶりのご飯でしたがやっぱり家族というのは暖かくていいものですね。好きなゲームの話をしたり父親が好きな釣りの話をしたりと充実した1日になりました!!

お父さん、いつも言えないけどありがとう!!


みなさんも普段は言えない感謝を両親に伝えてみてはいかがでしょうか??


以上!武川がお送りしました!
ありがとうございました。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ジャパネットホールディングスについて

3年の窪田です。
今回は、ジャパネットホールディングスについて書きます。

ジャパネットホールディングスは、テレビ通販で知られています。創業者の高田明氏のカリスマ性により、通販事業は支えられていました。日本一有名な社長ともいわれた高田氏が、2015年1月に長男の旭人氏に社長の座を譲り、完全に経営から退きました。旭人氏へ世襲してから、ジャパネットの将来が不安視されていましたが、業績は順調に推移しています。それを実現できたのは、「販路」「商品政策」「顧客接点」「ブランド」を変えたからだといいます。
販路については、テレビで明氏の言葉に消費者は、購買意欲をかきたてられていました。それがなくなった現在、カタログで商品の細かい説明をして顧客に寄り添うことを必要としました。
私は、消費者に寄り添うことで信頼感が上がり、成功したのだと思います。
商品政策は、従来の「少品種大量販売」を維持しつつ、商品の発掘の方法を変えました。旭人氏は、現場と一緒になって商品を発掘し、ヒット商品を売り出しました。この強みは、カリスマから現場へと徐々に引き継がれ始めています。
現場の声を取り入れることによって、商品の強みを売り込むことができたのではないかと考えます。
次は、顧客接点についてです。ジャパネットの商品は、ジャパレクラボで直接体験できます。これは、実際に商品に触れてみて興味を持ってもらうことが重要だとしているそうです。また、商品のクレーム対応や製品の修理も担っています。
やはり、消費者に寄り添うことを第一に考えることが重要なのだと分かりました。
最後にブランドです。ジャパネットたかたといえば、明氏の顔が浮かびますよね。そのMCが去ったことにより、ブランドが弱体化してしまうという意味になります。そこで、1人のカリスマを作るのではなく、MCを20人以上に増やしイメージを変えました。これは新しい人材を育てることでもあります。

親子でリーダーのバトンタッチですが、明氏も旭人氏もお客様を大切に思うことに変わりはないことに気付きました。
旭人氏が社長に就任してから、2年半ということでこれからも注目していきたいです。

以上です。ありがとうございました。

日経ビジネス'17,6,19 P.60〜 【西松屋チェーン】

 
 4年の仲です。
今回、日経ビジネス2017年6月19日発刊のP.60からの【西松屋チェーン】について自分の考察を交えながら当社の強みを説明していきたいと思う。本文は当社の説明から始まり、次に増収し続ける強み、最後に考察の順に並んでいる。
 最初に【西松屋チェーン】について説明したいと思う。西松屋チェーンは全国に908店舗を構える、マタニティー・出産準備用品から11歳までの衣料・服飾雑貨を必要十分な品質を低価格で販売しいる企業である。2017年2月期の売上高は1362億となり、22年連続の増収を達成している。
 次になぜ22年間増収し続けるのか。その秘密を2つ本文から抜粋して紹介したいと思う。
 まず1つ目に店長は発注、レジ打ち、掃除はしないとういことだ。一般的に小売店の店長は「プレイングマネージャー」にならざるを得ないケースが少なくない。人手不足が深刻化する中で、店長自らが長時間労働することで、なんとか運営が破綻しないようにする小売事業が目立つが、西松屋はやることと、やらないことを明確に線引きしている。店長の担う業務は2つ。本部が指示する運営業務の正確な実行と、確認作業である。
 次に2つ目は「カイゼン」を日常業務にしていることである。組織と仕事の隅々まで合理的な計算によって組み立てられているのが西松屋DNAである。製造業の「カイゼン」のような日々の取り組みで柔軟に進化している。実際あった例を挙げたいと思う。当社では昨年まで、不良品の返品処理を受け付ける際に2種類の書類を作成する手順になっていた。システムを見直し1本化したところ全店舗合計7883時間減らすことが出来た。パートの平均時給900円と仮定すると年間700万円近いコスト削減ができる計算になる。たかが書類1枚。現場の小さな不満を常に拾いあげ、日常業務としてカイゼンし続けている。
 最後にこれからのアパレル業界はSPAの企業が台頭していくだろう。しかし、本文にもあったが意味のない商品やサービスがとても多い。企業は生産性を高めるため、労働時間の増加することで「ブラック企業」と呼ばれる状態になってしまう。これは無駄な商品が多岐にわたることで発注や陳列などで業務時間が増えてしまう。まずは多機能な商品を増やして売りあげを稼ぐよりも、無駄な作業を見直し日常業務の効率化の計ることがこれからの小売企業の課題になるだろう。

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる