FC2ブログ

プロフィール

FTアントレ・ゼミナール

Author:FTアントレ・ゼミナール
FTアントレ・ゼミのブログへようこそ!!
日々の活動をお知らせします。どうぞ、気軽にご覧ください。
コメントもいただけると嬉しいです。
よりよいブログを今後作っていきたいと思っています。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック

グローバルMBAビジネスプラン

グローバルMBAビジネスプラン
第3章 ビジネスモデルと戦略
1.新規事業のタイプ
 ビジネスの戦略にあたって、典型的な勝ちパターンが大きく3パターン存在する。
①ニッチビジネス
 市場の限られた領域(ニッチ)で競争が激しくなく、市場規模を増やすことの出来る魅力的なビジネス。ただし、新規参入が押し寄せてきて市場が拡大したり、成功を良くして別の市場に参入して失敗したりとマイナス面も多い。そこで、自社の付加価値を見定め、長期的に成長するため事業分野を拡大させたりと、事業分野の選択が成功のカギとなる。
②分散型ビジネス
 決め手となる競争要因がないために飲食店など事業拡大がしやすいビジネス。ただし、成長をコントロール出来ずに処理出来なくなることも多い。そこで、経営者以外にも人脈や交渉力をもった人材を育てておく必要がある。
③革新的ビジネス
 ブルーオーシャン戦略や新競争ルールを取り入れたビジネス。ただし、実行能力が伴わなければ事業に不確実性が生まれる。そこで、新事業リーダーは先見性を踏まえて従業員や取引先に新規事業を支援してもらうべく説得し、早期から結果を生みださなければならない。

2.収益を実現する
 利益を生み出すうえで、スライウォツキーの23の利益モデルがあげられる。成功している企業は少なくとも一つは当てはまる。重要なのはどこに優位性をもつか。例えば、一般的に飲食店ではアルコールの利益率が高いため、他よりも意識して売り込むといったところ。ビジネスモデル作成の儲けるパターンに当たって注意すべき点は、競合相手はどのモデルか、自社のモデルでさらにどのようにして利益と結び付けていくか、利益を損なう不良な点は存在しないか等である。
 それを考えるに、事業経済性の要素がある。まず、利益をあげるためにコスト削減が欠かせない。
①規模の経済性
②習熟効果
③範囲の経済性
④ネットワーク経済性
⑤要素コストの低減
 次に、固定費と変動費のバランスである。設備投資や人員カットなど、すぐには削減できない固定費が大きい場合はリスクが高いため、様々な変動費をもつことが望ましい。
 そして、キャッシュインのタイミングである。早ければ早いほど失敗を早期に知ることが出来、収益が上がるまでのダメージが少なくて済む。

3.顧客への提供価値と製品・サービス
 いきなり具体的な製品・サービスを発想するのであっては、本質的な競争相手を見逃す危険性がある。なんらかの変数の軸で分けられた標的市場の中で、自社が勝てる場所を選び、差別化を図っていかなければならない。例えば、既存事業に対して顧客の満足度が薄い層は狙い目である。そこから大きなセグメントとなりうる価値を見出す。製品を検討する際には、製品を外的な特徴だけでなく、ホールプロダクトと捉えるのが有効的である。顧客はその製品に付随する総合された提供価値を判断して求める。新事業リーダーはKBFを満たすべく標的市場と顧客に対する提供価値を正しく理解する必要がある。


岸 賢祐

カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる