fc2ブログ

プロフィール

FTアントレ・ゼミナール

Author:FTアントレ・ゼミナール
FTアントレ・ゼミのブログへようこそ!!
日々の活動をお知らせします。どうぞ、気軽にご覧ください。
コメントもいただけると嬉しいです。
よりよいブログを今後作っていきたいと思っています。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック

関心のある業界について

こんばんは、4年ゼミリーダーの松田です。

先月から新年度のゼミナール活動が本格始動ということで、われわれ4年生は3年生のサポートに回っています。
そこで3年生に去年の今頃の私たちを感じ、懐かしいとは少し違った言葉にできない感情を抱いています。

ぜひ3年生にはわれわれ4年生はもちろん、FTアントレゼミナールの歴代の先輩方をも越える素晴らしい成果を挙げて欲しいと願っています。一緒にがんばりましょう!

さて、本題に入りますが今回は関心のある業界について述べよ!ということで、食品・飲料業界について書かせていただきます。

食品・飲料業界では、日々の暮らしに直結する商品を扱ってます。そのため消費者の需要を的確に把握し、きめ細かな配慮をすることが求められています。

ビールや発泡酒、乳製品、清涼飲料、菓子やパン、即席麺、冷凍食品 etc...、身近な商品を扱う企業が多いので、学生の人気が非常に高い業界となっています。

財務省が行った「法人企業統計」では、2009年度の食品製造業の売上高は前年と比べ14.3%減の43兆9000億円となっています。
農林水産省が行った「平成22年度食品産業動態調査」では、食品製造業の生産額指数は2005年を100として2010年は98.1と減少しています。

そのほかにも少子高齢化による国内市場の縮小に加え、リーマンショック以後の景気低迷など、厳しい状況から抜け出しきれていません。

そういった厳しい状況を背景に、国内の食品需要は縮小傾向にあります。こうした動向を受け、食品大手各社は海外へと活路を見出しています

国内食品最大手の味の素はタイやインドネシアなど、東南アジアを中心に積極的に展開。国内ハム最大手の日本ハムは、米国、オーストラリア、英国に生産拠点を設立しました。

また、しょうゆ最大手のキッコーマンは米国、シンガポール、台湾、中国などに子会社を設立し。日本食ブームを背景に海外展開を進めています。

製菓大手のカルビーは米ペプシコと資本提携を行い、北米市場で本格展開を開始しました。さらに同社は韓国、中国、台湾で子会社を設立するなど、新たな市場開拓を目指しています。


さらに現在、食品業界ではM&A(mergers and acquisitions 合併・買収)の動きが相次いでいます。

キリンホールディングスはサントリーとの経営統合が破談となってしまいましたが、2010年にシンガポールの清涼飲料大手F&Nに資本参加し、2011年にはベトナムの清涼飲料大手IFSを買収しました。

アサヒグループホールディングスはオーストラリアのビール大手P&Nを買収し、サッポロホールディングスも協同乳業と業務提携を行いました。そして飲料以外でも、明治製菓と明治乳業が2011年4月に統合して明治となるなど、業界はめまぐるしく動いているといえます。


現在、食品業界全体への影響も懸念されているのが、原発事故による放射能汚染の食品への風評被害です。国内だけでなく海外でも日本の食品に対する目は厳しく、これが長引くと大きなダメージとなりそうです。


国内市場が縮小している中、海外展開が加速している食品業界。今後も海外展開の動きは活発化するものと見られ、今後の動きにも注目していきたいと思います。

カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる