FC2ブログ

プロフィール

FTアントレ・ゼミナール

Author:FTアントレ・ゼミナール
FTアントレ・ゼミのブログへようこそ!!
日々の活動をお知らせします。どうぞ、気軽にご覧ください。
コメントもいただけると嬉しいです。
よりよいブログを今後作っていきたいと思っています。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック

日経ビジネス2014年6月16日号p24~44『セブン鉄の支配力』を読んで

4年の青野翔太です。
日経ビジネス2014年6月16日号p24~44『セブン鉄の支配力』を読んで、記事についての紹介と感想を書かせていただきます。

現在、セブンイレブンの支配力がかつてなく強まっている。
店舗が増えるほど拡大する販売力に、メーカーは屈服し、加盟店は付き従う。
この帝国の頂点に君臨するのが鈴木敏文・セブン&アイ・ホールディングス会長である。
イトーヨーカ堂、そごう・西武、ヨークベニマル、デニーズ、ロフト・・・。
グループの深部で進む「セブン化」は、次のヒットを生む土壌となる。
「オムニチャネル」という新戦略も打ち出し、次世代の経営体制作りを急ぐ。
セブンという日本最強の小売りグループの本質に迫る。
メーカーのなかでは、セブンイレブンの売り上げは単一小売りチェーンで日本一とみられていることが多い。
こうした、メーカーが全国規模で販売するNB(ナショナルブランド)商品に加え、セブンがメーカーに生産委託する総菜などを含むPB(プライベートブランド)でも、販売力には目を見張るものがある。
NBもPBも、セブンの棚に商品が入ることは多くの場合単一チェーンとして日本最大の商圏へのアクセス権を手に入れることを意味する。
その半面、棚から弾きだされれば、経営を揺さぶる事態にもなりかねない。

ライバルの追随を許さないセブンイレブンの「徹底力」。その源泉は、トップの「天の声」末端の社員まで染みらせる一枚岩の組織運営にある。
鈴木会長は「顧客の立場で考える」という言葉を常々口にする経営哲学を、単なるお題目にしない。現場がどれだけ大変になっても「顧客管理主義」を貫く。
狭き門をくぐり抜けた商品だけが日の目を見るわけだが、セブンイレブンには最後の関門が存在する。それが鈴木会長なのだ。

ネットとリアルを含むあらゆる販路を融合するオムニチャネル戦略。
真の狙いは「グループの一体化の加速」と、「次世代の経営体制構築」にある。

感想
今ではとてつもなく大きな支配力を持つようになったセブンイレブン。
この支配力を作り上げたのは鈴木会長の一切の妥協を許さない姿勢であると感じた。
10人中10人がおいしいと言わない商品はたとえ販売当日であっても販売を中止し、全国16000店舗すべての売り場から商品を撤去するという普通ではありえないことを実行することで、セブンブランドという強大で他には真似することのできないものを作り上げたのだと感じた。
またこのような厳しい要求をしても従業員がついてきてくれるのは、会長の実力を全員が認め、信頼している証拠であると感じた。

カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる