FC2ブログ

プロフィール

FTアントレ・ゼミナール

Author:FTアントレ・ゼミナール
FTアントレ・ゼミのブログへようこそ!!
日々の活動をお知らせします。どうぞ、気軽にご覧ください。
コメントもいただけると嬉しいです。
よりよいブログを今後作っていきたいと思っています。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック

『人から始める地方創生!中小企業の「宝の山」を徹底解剖』の感想文

 おはようございます。4年の水間雄飛です。今回私は、先生からのプレゼントということで、『人から始める地方創生!中小企業の「宝の山」を徹底解剖』を読んだ感想を書かせていただきます。

 企業が地方創生に取り組むには、自治体との連携がカギを握る。一方で自治体側も、経営者のベンチャースピリッツを欲している。企業規模は不問。中小企業にとってはビッグチャンスだ。と書かれている。詳しくは、次で説明する。ここで言うベンチャースピリッツとは、少ない資本で果敢に事業化に挑戦するといった意味である。

 小さな町であればあるほど、そこでビジネスを展開するには、自治体との連携は欠かせない。宮崎県南部にある人口約5万5000人の日南市。ここで今起きていることを通して、自治体が中小企業に求めているものとは一体何なのだろうか。
 日南市は、プロ野球チームがキャンプ地として使うほど、気候は温暖。産業は農林水産業が盛んで、特産品も数多い。一方で、王子製紙日南工場などを抱える企業城下町という顔も併せ持つ。
 それでも近年の人口は減少の一途で、このままでは2040年までに20~39歳の若年女性が半減すると予測されている。行政機能の維持が難しい「消費可能性都市」にも挙げられる。

 そんな町を再生するために立ち上がったのが、崎田恭平日南市長である。彼は、小さな町だからこそ、面白い!と考えている。人口が少ない分、地域のキーマンを見つけやすいというメリットがある。また行動すれば結果がすぐにでるので、手触り感があり、やりがいもある。小さな町だからこそ、やり方次第で大きな可能性が開ける。私はここに注目した。やはり人口が少ない分、探し求めている人材が見つけやすいと思う。そして、行動から変化へのスピードが速く、迅速な対応も可能となる。
 また崎田市長は、市民も変化を求めている為、雇用促進などに直接つながらなくても「今、こんなことをしています」と逐次発表している。変化を感じて職員もどんどん提案してくる傾向になり、そういった提案に対して「駄目」といったことがない。むしろ「すぐにやって」と言う。

私は彼の、「実行は大事です。よくコンサルタントからまちづくりの提案をされますが、ほかの自治体の内容を焼き直しただけのものが多い。それに、見た目に派手なプランでも、実行しなければ意味がない。我々は考えるだけでなく、実行する集団でありたい。」という個所に大変共感した。
 私は就活生なので、実行すること(行動すること)の必要性をこの記事を読んで改めて共感した。そして、小さな町だからこそ変化を求め、市民全体が一体となって、地域の活性化に取り組んでいるのだと思った。ぜひ、せたまちグループのみんなにも読んで欲しいと思う。

以上で感想文を終わります。ありがとうございました。

カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる