FC2ブログ

プロフィール

FTアントレ・ゼミナール

Author:FTアントレ・ゼミナール
FTアントレ・ゼミのブログへようこそ!!
日々の活動をお知らせします。どうぞ、気軽にご覧ください。
コメントもいただけると嬉しいです。
よりよいブログを今後作っていきたいと思っています。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック

【四年生スペシャル講義ブログ】人材業界とは!?

 読者の皆様こんにちは、田中文人ゼミ4年の浜田です。台風19号(ハギビス)で色々忙しいとは思いますが読者の皆様の家は大丈夫でしょうか??川の氾濫による浸水や強風によるガラス割れ等、大変なところは多くあると思います。台風だけでも大変なのに地震まで起こって、まるでカイオーガとグラードンの決戦でもあったんじゃないかと思っていしまいました。平成と比べ令和では自然災害が異常におおいので日本はどうなっていまうのだろうかと不安になりながら毎日過ごしています。ちなみに私の家は網戸が台風に誘拐されて現在絶賛行方捜索中となっています。さて、そんな網戸の行方捜索中の私がお送りする今回は人材業界について軽くお話をした後、私の就職先のお話もしようと思います。
え?なんで4年がブログを書いているのかって?察してください。 
人材業界とは転職者及び新卒といわれる職を探している希望者をできるだけミスマッチのないように求職をだしている企業とつなげる業界です
主に消費者は現状より消費者の望む職場を紹介することで、働く環境をより満足できるように努め、クライアントといわれる登録企業には、企業カラーにあった人材の紹介をすることで企業を人材側面からサポートすることができます。
人材紹介の最大手リクルートは最初名も通ってないベンチャー企業でしたがいち早くIT分野に目をつけ、人材紹介にでかいプラットフォームを敷きそこに会社と転職者や学生を登録させることでブラックボックスであった双方の情報や、他企業との比較を可能にすることで、一気にシェアを獲得し、現在は他の追随を許さない最大手、業界一位になっています。しかし最近ではリクルート1強時代の終焉、リクルートの本軸シフト等があり、現在では、努力と工夫次第で超える事ができる時代になっています。当時リクルートの事業モデルで人材業界に流行った消費者ヒアリングと企業紹介のフェーズを分け効率を飛躍的に上げた「分業制」も今ではミスマッチを減らすため、先ほどの工程を一括して一人で行う「一元管理性」を採用している企業も多く存在します。
私の就職先はそんな人材の業界の中でも、建築・福祉の側面で人材をサポートするニッチな企業にはなりますが、どちらも慢性的な人材不足に悩まされているうえに、人材の流動も激しく、今後需要高まって行く巨大な産業であると予想でき、その2分野ではパイオニアかつシェアと顧客満足度ナンバー1をとっている企業です。しかし課題もあります。それは私が考えるに会社の成長スピードに社員がついてこれていないといったところです。会社の利益や成長スピードが著しいのにもかかわらず、福利厚生や会社形態、社員の教育体制など組織インフラや幹部層社員の育成が伴っていいないのではないかと感じています。
私はそこを整えさらに上の会社へともに成長していきます

コメント

Secret

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる