FC2ブログ

プロフィール

FTアントレ・ゼミナール

Author:FTアントレ・ゼミナール
FTアントレ・ゼミのブログへようこそ!!
日々の活動をお知らせします。どうぞ、気軽にご覧ください。
コメントもいただけると嬉しいです。
よりよいブログを今後作っていきたいと思っています。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック

子どもの貧困

子どもの貧困に向きあえる学校づくり〜地域のなかのスクールソーシャルワーク〜を読んで。

おそらく今この日本で暮らす日本人の中には「贅沢をする余裕がない人はいるだろうけど必要最低限の生活が出来る程度には日本人は豊かだろう」などと考えている人が大勢いると思います。確かに発展途上国などと比べれば雨風が凌げる建物があり、食べ物もあり、病気を治せる施設があり、生きていたいと願えば生きていける環境が整っている、とは言えます。しかし先進国として名を連ねる国の中では日本は非常に貧しく、もっともっと改善していかなければならない課題が山程あります。

社会人として働いていても手取りが少なく娯楽などに費やすお金が無く、食べて寝て起きて働くを繰り返すのみの生活をしている人がいるのが現状です。

大人が貧しいということはその大人の子ども達も必然的に貧しいという事になります。

平成28年度 国民生活基礎調査の概要によると、日本の子どもの相対的貧困率は13.9%。これは実に日本の子どもの約7人に1人(約280万人)が貧困状態にあることを示しています。
さらに、2013年度の全国学力テストの結果を分析した調査研究によると、世帯収入が低い家庭の子どもは、そうでない家庭の子どもよりも、正答率が約20%も低かったという調査結果が報告されました。
これらは大人の貧しさが子どもに伝染し、さらにその子ども達は学力も低くなってしまう傾向があるということを表していると思います。
これは世界にとってももちろんですが、日本に於いて非常に重大な問題だと私は考えています。長い事日本では少子高齢化が問題となっておりこれからますます進行していくと予想されています。
そんななか今貧しい生活を送っている子ども達が経済的な理由で塾に行けず、教育機会に恵まれなかったことで低学力・低学歴になってしまった子どもは、大きくなったときに所得の低い職業につかざるを得なくなり、更には彼らの下の世代にも貧困が連鎖してしまうのです。そうなると日本という国の力が時間をかけて段々と弱まって行ってしまうと思っています。
そうならないように対応策を取るためにいま、子ども達に寄り添って子どもの貧困の実態を知るところから始めるべきなのではないかなと考えました。

そういった側面から子どもの貧困を紐解こうとしているのがタイトルにも書いた「子どもの貧困に向きあえる学校づくり」という著書です。
こちらの著書では子どもの貧困に対して子どもを取り巻く社会状況や地域の暮らしの現実を踏まえながら、子どもたちの生活に寄り添った問題軽減の筋道を書いてくれています。

本書のまえがきでは今日に於いての子どもの貧困をめぐる議論のことやそれに伴って1番近くで見てきた教師が生徒の貧困に対してもっと寄り添っていけるような時代が来るのではないかということが書かれています。
確かに今までというか私の中でも貧困というものは他人にひけらかすようなものでは無くデリケートな問題で、なかなか踏み入って相談したり解決できるものではないというイメージがあります。

序章としてやはり、家庭の社会経済的背景と学力の関係について触れています。 子どもの貧困がようやく社会的課題として挙がってきたが遅すぎたこと。「自分の考えが伝えられる」「私語が少ない」「教師の課題指示が明確な授業を受けている」
場合は、就学援助率との高低に関係が認められない、つまり貧困というのは運命であり逃れがたいものということが覆せる可能性があるのではないかとも述べています。興味深いですね。
後私がなるほどと思ったのは不登校などの一因に経済的理由があったり、貧困に対するいじめなどをあくまでいじめ問題として取り扱う事によって貧困の問題が隠されてしまうといった場合があるということ。「日本の学校では、不登校という言葉が、貧困に関わる数多くの個別的な対象要因をひとまとめにしすぎているという課題がある」
私たちの中でも、不登校でも素行不良や精神的な不安で引きこもっているなどといった様々な理由があるにもかかわらず「不登校」という3文字でひとくくりに簡単に表してしまうことがあると思います。ですがそれらはもしかしたら貧困が原因で素行不良になったのかもしれないし、貧困が原因によるいじめで引きこもってしまっているのかもしれない。確かにこれらをまとめてしまって場合にも、貧困が根本にあるものでもそれに気づかない原因になってしまっているように私も感じます。

この本では度々実際の子ども達の実例などが書かれているのですがやはり貧困というものは様々な事に影響を及ぼすのだなと感じます。経済的に貧しければ親も当然精神的にも不安定になり子どもの事までよくみてあげられなくなってしまい、その結果子どもは愛情を受けられず学校で素行不良を起こしたり、家庭環境の悪さ、困窮具合から学校でも常に不安でなかなか先生から離れない子など、同じ貧困でも些細な違いから様々な子ども達がいるのだなと痛感します。しかしそういった子達でもしっかりと大人が愛情を持って積極的に接してあげられればちゃんと普通の子と同じようになれるのだなと。そのためにはやはり多くの先生をはじめ、大人達がもっと子ども達に目を向けて愛情を持って接してあげることがこの上なく重要だと感じるし、そのためにもっともっと貧困というものが世間一般の課題として認知される必要があるなと強く感じました。

しかし先生に全てを任せてしまえるほど教師というものは暇でもないですし、子どもに関わる全ての人たちが同じベクトルで子どもに寄り添える環境になっていって欲しいなと思います。
こういった実際の具体例などがあると分かりやすいし実践しやすいので良いなと思います。

長くなりましたが最後までご覧頂き有り難うございました。


FTアンドレゼミ
弦間 恵大

SDGs

今回はSDGsについて述べていきたいと思います。そもそも私もSDGsが一体どういうものなのか具体的に知らなかったので良い機会となりました。

まずSDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。発音はエス・ディー・ジーズです。2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。17の大きな目標と、それらを達成するための具体的な169のターゲットで構成されています。

私は曖昧な目標なのだろうと思っていましたが、思っていたより事細かに様々な分野で目標が設定されていたので面白いなと思いました。

目標とはどういうものかというと例えば、貧困・飢餓を無くす、といった発展途上の国に対するような生命の維持に必要なことから、気候変動への対策、経済成長などといった先進国なども目標にしていくようなことが指針として決められています。

最初に言った貧困を無くすということは一見日本には関係がないと思われがちですが、日本では子どもの約7人に1人が貧困だと言われています。そういった面から我々日本は率先してSDGsに取り組んでいく必要があると考えます。
調べてみたところ日本政府がSDGsに対して大きく分けて3つの目標を設定しているようです。

一つは、SDGsと連携する「Society(ソサエティー)5.0」の推進。
そして、SDGsを原動力とした地方創生、強靭かつ環境にやさしい魅力的なまちづくり。
さらに、SDGsの担い手として次世代・女性のエンパワーメント。
私が注目したのは最後に挙げた目標です。これは人に関して注目しているもので、働き方改革や教育の振興、子どもの貧困対策といったものです。
やはり国が豊かになるにはその国に住む人々が豊かにならなければなり得ないと思います。なのでこういった様々な環境に置かれている人々に対しての目標というものが1番大事だと思うし、何より私たち自身の問題でもあり結果が出ればそれがすぐに私達に返ってくるものだと思うので取り組む価値があると考えています。

おそらく今はまだ多くの日本人がこのSDGsの存在すら知らないと思います。まずはこういった目標があり、政府がこういう活動を推進して行っているんだということを広めていく、知っていくところから始めなければ一向に進まないと思います。もっと国が力を入れて活動していくことを切に願っています。

最後までご覧いただきありがとうございました。

FTアントレゼミ 弦間 恵大

【四年生スペシャル講義ブログ】ネット通販「後払い」急成長!?

 読者の皆様こんにちは、FTアントレゼミナール四年の北岡美和です。今回は日々成長し続けているネット通販業界の「後払い決済」について書いていきたいと思います。スマートフォンの普及と共に、けたたましいスピードで成長してき通販業界ですが皆さんは「後払い決済」という仕組みを導入している企業をご存知でしょうか?その代表となる企業が「Paidy(ペイディー)」です。わずらわしい操作がなく手軽かつ簡単にネットショップができるため、女性の利用者が急増しているようなのです。その数は三年近くで10倍も増えたとのことでした。人口知能(AI)で利用限度額をはじく技術など、テクノロジーが競合の鍵となっています。購入するために必要な手順は、メールアドレスと電話番号を決済画面に入力しあとはAIが後払いできるか否かを判断します。その間、たった0.5秒しかかからないのです。しかし、消費者を律する仕組みとして、初回の限度額は数万円足らずと決められています。代金を払っていくと限度額が上がり、支払いが遅れると下がるというようにどれだけ信頼できるかを常に判断されることになります。そして通信販売だけにとどまらず、ペイディーは今月(2019/10)航空券予約サイトのエボラブルアジアとの協業を発表しました。また、ネットプロダクションズはさらに、後払いの利用拡大を狙い国内初となる「価格の後決めサービス」を発表しました。これは、消費者が商品を買ったと、その商品にいくらなら払うかを決められるサービスです。海外でも競争が高まっている中で、ネット市場の流れに乗り遅れれば成長はおぼつかないだろうとの声も聞かれます。

 ここからは私の意見などを話していきたいと思うのですが、後払い決済に関するこの記事を見つけたときにすごく身近なことだったので食い入るように読み進めてしまいました。私自身、日ごろから後払い決済を利用して買い物をすることが多々あるのですが、この購入方法の最大の特徴はクレジットカードのような面倒な手続きはほとんどなく、同じような仕組みで買い物ができるという点にあります。ZOZOTOWNでの「ツケ払い」や、メルカリの中の「メルペイ」という仕組みなどをよく利用しています。使い方を間違えると怖い思いをすることもあるかもしれませんが、うまく付き合っていけばとても便利なツールだと思いますのでまだ「後払い決済」を利用したことがない方は、お財布がピンチ!というときに使ってみてはいかがでしょうか。

ワーケーションって何?

みなさんこんにちは。FTアントレゼミの音野です。
今日はワーケーションについての新聞記事を読んだので、そのことについて書かせてもらいます。
そもそも皆さんはワーケーションという言葉を聞いたことはありますか?
私はこの新聞を読むまで、ワーケーションという言葉は全く知りませんでした。
ワーケーションとは、ワーク(働く)とバケーション(休暇)を組み合わせた造語です。自然豊かなリゾート地で休暇をたのしみながら働くことで、創造的な発想が期待できるとして、IT企業などが注目しています。
背景には、企業の経営環境の変化があります。通信技術の発達で職場にいなくても、十分な成果が上げれることが多くなってきました。すでに欧米などでは、仕事場にとらわれない働き方か広まりつつあります。
日本でも、5月から三菱地所が提供を始めたワーケーション用オフィス「ワーケーションサイト南紀白浜」です。ここは、1日10万円で利用できる場所です。7月にオフィスを利用したのがコンサルティング会社のギックスです。希望者が数日〜数週間、東京などから出張して働きます。同社の最高経営責任者(CEO)の網野知博は、「リフレッシュできる環境で、5日かかる仕事を4日で終わるなど、生産性が上がった」との声がありました。
三菱地所によると、8月までで3社がこのオフィスを使用したとのことです。オフィスは白浜町が整備したIT企業用の施設の中にあります。同町は2棟こうした施設を提供しており、共にすでに満室ととても人気があるみたいです。
和歌山県によると、県が把握しているワーケーションの県内体験者は2017年〜2018年度で46社567人となっているそうです。増えるビジネス交流は地元に新たな活気を生んでいます。このワーケーション施設を作ることによって、南紀白浜空港を利用する旅行客が増え、2018年度の搭乗者数は16万人で過去最高にもなりました。ワーケーションは全国に広がりつつあり、八ヶ岳を望む長野県のテレワーク施設「富士見森のオフィス」や、軽井沢町などにも施設があるとのことで、ワーケーションが活気をもたらしています。このような施設ですることで、ストレスフリーになり業務が手際良く進むので、私はすごくいい施設でもっとたくさんの人が利用するように広まっていけばいいなと感じました。

お読み頂きありがとうございました!


【四年生スペシャル講義ブログ】人材業界とは!?

 読者の皆様こんにちは、田中史人ゼミ4年の浜田です。台風19号(ハギビス)で色々忙しいとは思いますが読者の皆様の家は大丈夫でしょうか??川の氾濫による浸水や強風によるガラス割れ等、大変なところは多くあると思います。台風だけでも大変なのに地震まで起こって、まるでカイオーガとグラードンの決戦でもあったんじゃないかと思っていしまいました。平成と比べ令和では自然災害が異常におおいので日本はどうなっていまうのだろうかと不安になりながら毎日過ごしています。ちなみに私の家は網戸が台風に誘拐されて現在絶賛行方捜索中となっています。さて、そんな網戸の行方捜索中の私がお送りする今回は人材業界について軽くお話をした後、私の就職先のお話もしようと思います。
え?なんで4年がブログを書いているのかって?察してください。 
人材業界とは転職者及び新卒といわれる職を探している希望者をできるだけミスマッチのないように求職をだしている企業とつなげる業界です
主に消費者は現状より消費者の望む職場を紹介することで、働く環境をより満足できるように努め、クライアントといわれる登録企業には、企業カラーにあった人材の紹介をすることで企業を人材側面からサポートすることができます。
人材紹介の最大手リクルートは最初名も通ってないベンチャー企業でしたがいち早くIT分野に目をつけ、人材紹介にでかいプラットフォームを敷きそこに会社と転職者や学生を登録させることでブラックボックスであった双方の情報や、他企業との比較を可能にすることで、一気にシェアを獲得し、現在は他の追随を許さない最大手、業界一位になっています。しかし最近ではリクルート1強時代の終焉、リクルートの本軸シフト等があり、現在では、努力と工夫次第で超える事ができる時代になっています。当時リクルートの事業モデルで人材業界に流行った消費者ヒアリングと企業紹介のフェーズを分け効率を飛躍的に上げた「分業制」も今ではミスマッチを減らすため、先ほどの工程を一括して一人で行う「一元管理性」を採用している企業も多く存在します。
私の就職先はそんな人材の業界の中でも、建築・福祉の側面で人材をサポートするニッチな企業にはなりますが、どちらも慢性的な人材不足に悩まされているうえに、人材の流動も激しく、今後需要高まって行く巨大な産業であると予想でき、その2分野ではパイオニアかつシェアと顧客満足度ナンバー1をとっている企業です。しかし課題もあります。それは私が考えるに会社の成長スピードに社員がついてこれていないといったところです。会社の利益や成長スピードが著しいのにもかかわらず、福利厚生や会社形態、社員の教育体制など組織インフラや幹部層社員の育成が伴っていいないのではないかと感じています。
私はそこを整えさらに上の会社へともに成長していきます

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる